ロゴ

 

大まかには、常緑樹は3月頃と新芽が伸びきった5~7月、落葉樹は落葉後の冬が剪定適期です。
主なご対応エリア:藤沢市、横浜市、茅ヶ崎市、平塚市、大磯町、二宮町、鎌倉市、逗子市、葉山町、その他地域の方もお気軽にご相談ください!!

店の電話番号

 
サービスガーデナー直通⇩
携帯:070(1319)4018
イザイクヨーイバンザイ

 
お問い合わせフォームリンクお問い合わせフォームリンク

LINEでもお問い合わせ承ります

QRコード

 
@096rhomn
 

HOME | お庭年間メンテナンス

お庭年間管理例

▼ご依頼時のご参考に

----------------------------------------------
※春の手入れ
〇春先に株元に化成肥料などの施肥を行う。

〇手入れは常緑樹が中心。
芽が吹き始める春先(3~4月)か新緑が落ち着いた頃(5月下旬~6月)に基本剪定をする。

〇この時期に、常緑樹を剪定して風通しを良くしておけば、虫も付きにくくなり、蜂の巣も作られにくくなる。

〇サツキツツジは、花が終わってから6月下旬までに刈込を行う。
落葉樹は、初春か梅雨時に軽剪定。

〇松のみどり摘みはゴールデンウイーク明けぐらいに。

〇春本番になると雑草も生えてくるので、除草もこの時期から。

〇春のお彼岸の時期に、お墓の植木のお手入れも忘れずに。

---------------------------------------------
※初夏~梅雨時
〇5月中頃~梅雨時にかけては、アブラムシやカイガラムシ、茶毒蛾などの虫害が発生する時期なので、この時期にしっかり消毒をする。

〇アジサイは花が終わってから剪定をする。(冬に切るのは厳禁)

---------------------------------------------
※夏の手入れ
〇あまり大きくしたくない常緑樹は、あえて夏に強剪定をする方法もあるが基本は軽剪定。

〇落葉樹は、伸びた枝を整える程度。

〇夏は基本的に、常緑樹も落葉樹も強い剪定は避ける。

〇針葉樹も真夏は避ける。

〇夏の庭の手入れのメインは木々よりも地面の雑草や芝刈り。除草は晩秋までに数回、芝刈りは、日本芝であれば週1ペースで刈り込むのが望ましい。

---------------------------------------------
※秋の手入れ
〇常緑樹、落葉樹とも軽剪定にとどめる。針葉樹は普通に剪定してもOK。

〇この時期に伸びきった雑草は、しっかり除草する。

〇秋のはじめ頃に、再び茶毒蛾などの虫害が発生するので、再度消毒をしておく。

〇秋のお彼岸の時期に、お墓の植木のお手入れも忘れずに。

--------------------------------------------
※冬の手入れ
〇落葉したあとの落葉樹を中心とした手入れ。

〇常緑樹は、伸びた枝を軽く整える程度。

〇一部の常緑樹(キンモクセイ、アオキ、シマトネリコ、コニファー系)は剪定しても可。

〇松などの針葉樹も剪定OK。

〇実のなる樹木も、冬の剪定が適期。

〇ウメは落葉樹だが、花が終わるまで待ってから剪定するのが良い。

---------------------------------------------
※植え替え(移植)の適期
〇常緑樹
梅雨入り前~梅雨の前半

〇落葉樹
11月上旬~1月上旬(真冬は避ける)

〇針葉樹
暑さ寒さに比較的強いが春・秋が望ましい


※庭木全体の管理は、各植木の適期に合わせて、春~夏と秋~冬の年2回、植木屋にご依頼されるのがおすすめです。

 

ワークブーツと仕事道具

ペイペイ使えます

PayPayロゴ

 
 
湘南・藤沢市鵠沼海岸
植木屋 バンザイガーデン
通話料無料
0800-8080728
ハレバレナ ニワ
※セールス・勧誘のお電話はご遠慮願います
お電話受付 9時~19時
(土日祝日も営業)
banzaigarden@outlook.com
↑こちらのアドレスをコピーしてください↑
メールは24時間ご対応
(1~4営業日までにご返信いたします)